どうやらOSMOPOCKETは最高のVlogカメラらしい

ドローンで有名なDJIからジンバルとカメラが合体したOSMOPOCKETが発売されました。
いざ手にしてみると、最高にワクワクするカメラだったので僕なりのファーストインプレッションをつらつらと書いていきます。

軽い、そしてコンパクト。手にした瞬間あまりの小ささにびっくりしました。
モバイルバッテリーとOSMOさえあればどこまででも行けると思わせる手軽さは、ジンバルとカメラが一体になっているメリットですね。まさにVlogを撮影するにはうってつけのカメラといった感じ。


必要なのはこれだけ

付属の専用のケースも良くできていてケースを付けたままでも充電することが可能だ。
使わない時はカバンの中で充電しておこう。

コンパクトさの恩恵は持ち運びのしやすさだけでは無く、撮影時にも大きく役に立つ。
本体のほとんどは手で隠れてしまうので撮影しててもほとんど目立たないのだ。


見えるのはカメラ部分だけ、この目立たなさがいい。

この気にならなさって撮影時には結構大事で、街中を撮影しながら歩いていてもすれ違う人に気づかれにくい。出来上がった映像を観ると、すれ違うほとんどの人はカメラをチラッとも見ていない。つまり、すごく日常的で自然な映像が撮れるという事。

GoProも十分小さいですが、一脚やジンバルをつけるとやっぱり目立ってしまうんですよね。本体が小さいだけでも、撮れる映像が変わってくるのは使ってみて気付いた素晴らしい点でした。

小型な本体サイズのデメリットとして、ディスプレイが非常に小さく見にくい事が挙げられますが、付属の端子を繋げればiPhoneなどのスマートフォンを外部ディスプレイとして使うことができる。流石のDJI、抜け目がない。

もちろんスマートフォンの画面からもOSMOを操作することが可能で、カメラのパンやチルト、フォーカスからトラッキングの設定まで一通りこなす事ができる。

常に持ち歩いているスマートフォンを使って拡張できるので、わざわざ持ち歩く物を増やす必要が無くていいですね。
OSMOとスマートフォンをドッキングしている状態で、撮影した動画や写真を直接スマートフォンに送る事も可能。即座に各SNSにシェアすることが可能だ。

ジンバルを使った手振れのない浮遊感のある映像。自在に操れるカメラで即座に自分にカメラを向けることができる。まさに旅や日常を記録するVlogにピッタリのカメラだと感じました。

今までスマートフォンやGoProでVlog撮影していた方は、OSMOで動画の質をグンと上げてみるのは如何でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です