山頂で一泊。八ヶ岳登山に行ってきた。DAY_1

ここは山梨県と長野県に跨る八ヶ岳連峰の麓、美濃戸口の近くにあるやまのこ村という山小屋。

今日から明日にかけて八ヶ岳登山、詳しくは八ヶ岳の最高峰、赤岳の山頂を目指して登山を楽しむ予定だ!

時刻は午前9時。いざ赤岳山頂に向けて楽しい登山のスタートだ。

序盤は苔や白樺の木々の美しい景色の中、ハイキング感覚でテンポよく進んで行く。

たまに出てくる水辺で少し休んだり、カッコイイ岩を見つけて写真を撮ったり。
あまり勾配もキツく無いので、まだまだテンション高めで楽しい山歩きを楽しんでます。

山頂まで行かず、ここら辺でハイキングをする分にはスニーカーでも充分楽しめそうですね。

時間は午後12時前。宿泊もできる大きな山小屋、行者小屋に到着。
ここでは1時間程お昼休憩。水洗式では無いものの、館内の綺麗なトイレも100円で利用できるのでありがたい。

水やお菓子、カップラーメンも売っているので安心。
景色も良かったので、ついついビールを飲んでしまいました…。

ここからは本日の赤岳登山の後半戦。
行者小屋を過ぎると、勾配が一気に急になる。息も上がりっぱなしでさっき行者小屋で飲んだビールが完全に足を引っ張っています。笑

何とか重い足を上げ続け、気付いたら周りの木々も少なくなり、完全に雲の上までたどり着いた!八ヶ岳の尾根に立ったっときはあまりの絶景に感動。

尾根の上に立つ山小屋、赤岳展望荘まで辿りつけば、赤岳山頂までもう少しだ!

赤岳山頂までラストスパート30分。
この区間がほぼ4足歩行。両手両足を使いながら少しづつ進んで行く。

そしてたどり着いた赤岳山頂!爆風の中チラッと見えた青空はめちゃくちゃに良い景色でした。

到着時間は午後3時半くらいだったかな?
本日泊まる山小屋はなんと山頂。赤岳山頂山荘というかなり大きな山小屋だ!

この山小屋が感動的なくらい快適だったので、詳しい内容は別の記事で紹介しています。

山頂なのに快適。赤岳山頂山荘に泊まった。

ここで夜までお酒を飲んだり食事を楽しんだりして早めの就寝。
夜から雨風が強くなるので、明日の天候が心配だ。

毛布と寝袋に包まって、ひとまずおやすみなさい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。