グリーン車で行く日帰り鎌倉&江ノ島旅行

1日空いた時間ができたので、少しでも夏を感じるために鎌倉&江ノ島に日帰り旅行にでかけました。参考程度に全行程の金額もまとめてみました。

さて、東京駅から横須賀線グリーン車に乗り込む。最初の目的地は北鎌倉だ。
運賃は799円にグリーン券(ホリデー料金)の570円を足して合計1369円。


朝ご飯を食べながらの移動。時間を有効に活用できるのもグリーン車の魅力だ。

なぜ、鎌倉まで行かず北鎌倉までかというと、行きたいお店があるというのが理由の1つですが、実はグリーン車の金額が上がるのを防ぐ為でもあります。

グリーン車は移動距離51kmを境に料金があがるので、東京〜鎌倉まで乗るとグリーン券は780円になってしまいます。


北鎌倉に到着!

あっという間に北鎌倉に到着。
ふらっと駅前を散歩する。

目的地は北鎌倉駅近くにある有名な古民家カフェの喫茶ミンカ

午前11:30からオープンとの事なので、散歩で時間を潰して時間ピッタリに行きましたが、既に2~3組のお客さんが並んでました。


喫茶ミンカ。まるでジブリ映画のような外観だ。

ひよこまめのカレーとアイスコーヒーのセットで1,700円。早めの昼食をとって次に向かうは隣の鎌倉駅。

駅に戻って横須賀線で鎌倉駅へ。
料金は133円でした。


鎌倉駅に到着。電車で来たのは初めてだ。

とりあえず、駅を出たら鶴岡八幡宮方面へ向かう。休日だけあって人がたくさん。

食べ歩きでもしたかったけど、さっきカレーを食べたのでまた今度に。

今回行きたかったのは鶴岡八幡宮の敷地内にある鶴岡ミュージアム

2016年に閉館した神奈川県立現代美術館 鎌倉が今年改装して再度オープンした建物。

入館料は500円だが、美しいピロティで涼むだけでも十分に行く価値はある。


水面が反射するピロティが美しい。

さて、また鎌倉駅の方に戻り、江ノ電乗り場に向かう。

ここから先は江ノ電に乗って湘南・江ノ島に向かうつもりだ。

さすがは江ノ電。かなりの混雑でしたが、電車では見慣れない景色を楽しんでいるとあっという間に江ノ島駅に到着。

鎌倉駅〜江ノ島駅まで料金は260円だ。


江ノ島駅も人で溢れている。

ここからは湘南の海を眺めながら徒歩で江ノ島に上陸。今回の採取目的は江ノ島で生シラス丼を食べる事なのだ!

有名な生シラス丼のお店、とびっちょ 本店に向かったがあいにく今日の分の生シラス丼は終わってしまったとの事。

魚華というお店では生シラスがのっている海鮮丼なら頼めるとの事だったので食べることに。

海鮮丼は1,920円!高い!
が、美味しいので良しとしよう。

少しだけど生シラスも堪能できたのであとは東京へ帰るのみ。
腹ごなしに駅方面までまた歩くとしよう。

また江ノ電に乗って帰るのもいいけど、せっかくなので湘南モノレールで大船まで行くことに。

湘南モノレールは初めて乗りましたが、意外と速くて驚き。ジェットコースター気分であっという間に大船駅に到着。料金は310円だ。

大船駅に着いたらあとはJR横須賀線で東京に帰るのみ。疲れたのでまたグリーン車で帰るとしよう。

大船〜東京までの運賃799円とグリーン券570円を足して合計1,369円でした。

さて、日帰りにしてはいろいろと詰め込んだ今回の旅行。金額は合計で7,561円でした!

グリーン車はお得に旅行気分を味わえるのでオススメですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。